THE GLENLIVET

LOG IN

ザ・グレンリベット
15年

フレンチオークの新樽で仕上げた個性的な味わい。

ザ・グレンリベット15年がリッチで異国風の際立った特徴を持っているのは、このスピリッツの一部がフレンチ・オークの樽で熟成されるという特別な熟成プロセスを採用しているからです。実際、ザ・グレンリベットは、ウイスキー製造にフレンチ・オークを初めて使用しましたが、この技術は世界中で模倣されてきました。

私達が使っているリムザン・オークは、フランスのドルドーニュ地方で伐採され、コニャックの熟成に使われているものです。密度が低いため、ウイスキーが木の中に深く染み込みます。その樽の中でウイスキーが、どれ位の期間熟成するかを注意深く制御し、ユニークで心地よいスパイスの香ばしさ、という好ましい結果を過剰に表現しないようにしています。
このプロセスがウイスキーの強度を高め、バターのような香りを持った,リッチでクリーミーなものにしています。この15年は、色は濃い金色で、甘いアーモンドとスパイス をあとに残します。グラスの中で豪華に見えます。