THE GLENLIVET

LOG IN

ジョージ・スミス
勇敢な創始者

ジョージ・スミスは、ザ・グレンリベット地区で最初にライセンスを取得した蒸留業者です。逆境に直面しても、粘り強く、決然として、勇敢に、後世のウイスキー・メーカーの礎を築きました。

今やザ・グレンリベット蒸留所の名前は、シングルモルトのスタンダードとして世界的に知られています。しかし、それはジョージ・スミスという一人の男から始まったのです。

グレンリベット地方の小さな傾斜地の農場で1792年に生まれたジョージ・スミスは、多くの不法蒸留者と同じ起源をたどっています。青年時代の彼の忍耐力と決意は明確で、家族を養うために、建具屋として働き、納屋を建てたり、柵を修理したり、近くの農場で雑用をしたりしました。

多くの仕事と並行して、彼は空き時間に、蒸留への情熱と技術を進化させ、独自のスタイルで製品を開発しました。人里離れた邪魔されない場所を選んで蒸留所を作り、高低差、地質構造、純粋な山の水源という最適な組合せによって、より滑らかなスピリッツを作り上げ、この特徴がザ・グレンリベットを英国全体で有名にしたのです。

1824年、ジョージ・スミスが、その地方の他の蒸留所より先んじる時が来ました。すべての予想に反して、彼は成功し、グレンリベット地区で最初の認可された蒸留所になったのです。

イアン・ローガン, ザ・グレンリベット インターナショナル・ブランド・アンバサダー

多くのリスクに立ち向かった真のパイオニアであるがゆえに、彼の成功をねたむ競合の蒸留所や密輸業者からの再三にわたる攻撃に直面しました。身を守るために、アベラワーのレアードからもらった2丁のピストルを携帯していたことは有名です。

ジョージ・スミスがピストルを発砲する必要があったのは一度だけです(彼の護衛がどうだったかは分かりませんが)。配達から帰宅する時、ポケット一杯の現金を持って、居酒屋に立ち寄りました。そこには、数人の男たちが、通り過ぎる金持ちなら誰でも追い詰めてやろうと待ち構えていました。状況がエスカレートしたため、ジョージ・スミスは一つのピストルを抜いて暖炉に向けて発砲しました。泥棒たちは、ジョージ・スミスが飲み終わるまで何もしなかったそうです。

彼の圧倒的な精神力のお陰で、自分自身と蒸留所を、このような攻撃から守り、ザ・グレンリベットは生き延びたのです。蒸留への革新的なアプローチを続け、1824年以降、味わいと品質のスタンダードになるウイスキーを生産することができました。

「レシピ、方法、製造は、私たちが今行っているのとほとんど同じです。」

アラン・ウィンチェスター, ザ・グレンリベット蒸留所 マスター・ディスティラー

高齢になっても、ジョージ・スミスは驚くほど目立つ存在でした。1868年にロンドンの新聞記者が訪問した時、彼は陽気で、暖かくもてなしてくれる75歳だったそうです。この記者のレポートは、有名な蒸留所について描写しているもので残っている数少ないものの一つです。

「自分が新聞記者だと想像してみてください。寒くて雨の中を運転した後、大きな肘掛け椅子に心地よく座って、温かいあふれるばかりのウイスキー・トゥディが側にあり、向かいには75歳位の男性が座っています。依然として力強く、引き締まった男性です。彼の肩幅と胸の厚さは非常に大きく、若い頃、当時の嫌われ者だった多くの密造業者に対して、その頑健な腕で、蒸留所を守らなければならなかった時に、彼の筋肉は、とてつもなく強化されたに違いありません」

彼こそ、スペイサイドの認定蒸留の父であり、オリジナリティとビジョンを備えていました。あなたがザ・グレンリベットのボトルを次に楽しむ時、すべてを始めた人、ジョージ・スミスに乾杯してください。